« 30年ぶりの予防注射。 | トップページ | ムキながらムキ〜!。 »

劇団「ラッパ屋」公演、『あしたのニュース』を観る。

2006_01-14【1月14日(土)】 「ラッパ屋」は、ドラマやミュージカルの脚本家として活躍する鈴木聡が率いる劇団。15年ほど前、勤務先の本社へ行った帰りにフラリと寄った「新宿THEATER/TOPS」で“発見”して大好きになり(当時は「サラリーマン新劇 喇叭屋」と称していた)、以来、1公演だけを除いて、全ての公演を観てきた。以前は年2回のペースで上演していたが、メンバーがテレビや映画に出ることが多くなったせいか、近年は公演回数がめっきり減少。今回の公演も実に2年ぶりだ。

 久しぶりなので、ワクワクしながらTHEATER/TOPSへ(夜7時からの回を鑑賞)。ワタシゃ、岩橋道子さん(最近じゃ『大奥』に出演)のファンなのだ。前々回公演『斉藤幸子』では堂々の主役を張った岩橋さん。今回はどんな役で登場するかが楽しみ……♪。
 確保したチケットは前から3列目。なかなかイイぞ。TOPSはやや縦長だから、後ろの方だと舞台が遠くなる上、見下ろすカンジになる。ここならバッチリ。道子姫を間近で拝顔できるワん♪

 毎回楽しいコメディーを見せてくれる劇団だが、時として、劇中に重いテーマを折り込むことがある。今回もその一つと言えるかもしれない。

 架空の地方都市にある老舗の豆腐屋が舞台。主人の西島(おかやまはじめ)は、名水から作った豆腐を作り続けている。隣には地方新聞社の社屋があり、店は記者たちの“たまり場”にもなっていた。その影響で、長女(弘中麻紀)も記者になっている。そして次女(三鴨絵里子)は市営動物園の飼育係……。
 ある夜、記者の横沢(福本伸一)がやって来た。何やら憤慨しているが、実は記事が書けずに逃げ出して来ただけ。横沢を探して、後からドヤドヤ入ってくる同僚記者たち。横沢の恋人・市田(岩橋道子)の姿もある。バリバリ仕事をこなす市田に横沢は引け目を感じ、二人の間は最近ギクシャクしがち。横沢が隠れているとは知らず、悪態をつく同僚たち。たまらず声をあげて見つかる横沢。そして店は大騒ぎ……になりかけたところで、別の騒ぎが起こる。外出していた西島の妻(大草理乙子)が、帰宅して早々、夫に離婚を切り出したのだ。「このまま豆腐屋の女将で終わりたくない」と言う——
 以後、物語は、我が道を突き進む妻や恋人に置いてきぼりにされまいと焦る西島と横沢を主軸に展開する。その過程で、二人が出来心でついたウソが大事件に発展していくのだが……

 相変わらず笑いがいっぱいの楽しい芝居だが、迎えるラストは少々重い。ただ、ボクとしては、この終わり方には不満が残った(思わず「ここで終わり?」とつぶやいてしまった)。ボクとしては「その後」が見たかった。豆腐屋一家と記者たちは「ニュース」が出た後、どうしていくのか……。
 確かに、ああいう形で終わりにして、その後は観客一人一人の想像に委ねる方法もアリだとは思うが、敢えて「一つの可能性」を提示してもイイと思う。そのほうが、どんな事になろうと「明日」はやって来るのであり、それに対峙する覚悟や勇気の必要性や「希望」を明示できると思う。

 そんなワケで、物語は少々不満が残りますが、今回も、役者のキャラを存分に活かした絶妙な配役。皆さんイイ味だしてます。木村靖司さんも好きな役者さんですが、キザで粘着質の男を演らせたら、ホント、この人の右に出る者はいませんね。
 そして岩橋さん。オトナの女優さんになりましたなァ……って、もう30代後半だから当然だけど、可愛らしい顔立ちに何となく学生芝居っぽさが残っていた入団当初の印象が鮮明なもんでね。でも、それからもう10年経ってるんですもんね。

 それにしても、やっぱり2年のブランクは大きいよ。この間、旗揚げ以来のメンバーだった義若泰祐さんは帰らぬ人となってしまった(あの“悪人顔”が懐かしい)。他のメンバーも「年を重ねたなァ」というのがわかっちゃって(おかやまさんは、若い頃から中年男の役ばかり演っていたから、かえってあまり変わっていないように見えたけど)……。テレビや映画と違い、やはり“ナマ”はオソロシイ。以前のように年2回は無理としても、できれば年1回、せめて「1年半に1回くらいは公演してヨ」と最後にお願いしておく。


《参考情報》
ラッパ屋第32回公演 『あしたのニュース』
2月5日(日)まで 新宿THEATER/TOPS(当日券あり)
※大阪、北九州公演あり
公演情報>http://homepage3.nifty.com/rappaya/032.htm

|

« 30年ぶりの予防注射。 | トップページ | ムキながらムキ〜!。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41485/8216916

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団「ラッパ屋」公演、『あしたのニュース』を観る。:

» ラッパ屋「あしたのニュース」 [PHOTOSHIP]
ラッパ屋「あしたのニュース」 劇場内に入るとゆるやかなジャズのサウンド。目の前にはお豆腐屋さんの作業場の奥にあると思われる材料なのど搬入も兼ねた大きな玄関口のセット。路地を挟んだ向こうには新聞社。お豆腐屋さんのセットが素晴らしい。一分の隙もない程のディテール。これからはじまる物語の想像をいやがおうにも膨らませる。 お話はとても面白かった。人と人の間にはどうしても見栄や欲が出てしまう。自分ではそんなつもりではなかったにせよ、結果として自分のしたことははたしてあってるのだろうか?そして、... [続きを読む]

受信: 2006.01.22 01:53

« 30年ぶりの予防注射。 | トップページ | ムキながらムキ〜!。 »