« 2006年5月 | トップページ | 2007年2月 »

今さらXP。

パソコン界は、30日から発売される「Windows Vista」の話題で持ちきりであるな。そんな世の中に反発したワケではないのだが、オレはこの前の日曜日に、ようやく「WindowsXP HomeEdition」を買ったのだ。

オレは根っからのMacintoshユーザーだから、Vistaなんかよりも、やはり今年の発売が予定されている次期MacOS「Leopard(MacOS10.5)」の方が気になる。だから「Vistaなんてカンケーないモンね」……って言いたいところなのだが、Web関連のお仕事もしている身としては、そうも言ってられない。
何しろ、世の中のほとんどの人はWindowsマシンでWebを見ている。だから、WebサイトはWindowsマシン、それもInternetExplorer6でキチンと見えるように作らなければならない。IEの最新ヴァージョンは「7」だが、今のところ普及率はまだまだのようだ。しかし、Vistaに搭載されている(というより“一体化”している)のはコチラだから、遠からず主流になることは間違いなかろう。

そうなると、ボクにとっては、ちょっとしたモンダイになる。

ボクも一応Windowsマシンを所有しているのだが、OSは買った時の「Windows98」のまんまにしてある。使うのはWeb用イラストやサイトの表示チェック用くらいだから、IE6さえ動けば、特にモンダイなかったのだ。
ところが……どうやらIE7はWindows98で動かんらしい(実際にはどうかワカラナイが、少なくとも「システム要件」では、98は除外されている)。そんなワケで「今後のことを考えると、XPにしといたほうがよさそうだなァ」との結論に達し、「Vistaが発売される前に買っておこう」と、ビックカメラ有楽町店へ出かけて購入してしまったという次第(たまってるポイントを使おうと思ったモンでね)。

それにしても「Vistaはスゴいぞ」とデモンストレーションが行われ、「発売まであと○日」などと掲示している売場のレジの列に、一人XPのパッケージを持って並んでいるのは、何だか時代に取り残されたような気分がしなくもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『黒井健 絵本の世界展』を鑑賞。

銀座・松屋で今日まで開かれている『黒井健 絵本の世界展』へ、昨日行ってみた。日曜日ということもあって、場内は大混雑。人気のほどがうかがえる。

とはいえ、恥ずかしながら、実はワタシゃ、この方の名前を存じ上げなかったのだ。たまたま招待券があったので足を運んでみたのだが、作品を見たら「あァ『ごんぎつね』の人か」とスグわかった。絵本作家に疎いワタシでも知ってるくらい、『ごんぎつね』の絵は知られているのだ。
2007_0122独特の“ぼかし”から、てっきりボクはパステルで描いているんだろうと思っていたのだが(もちろんそれも使うようだけれども)、実は色鉛筆だと知って少なからず驚いた。ボクも色鉛筆の“ぼかし”を試したことがあるが、ど〜にもうまくいかず、早々に諦めてしまった記憶がある。色鉛筆って結構難しい画材なのだ。

原画を見るのは、なかなか面白い。色鉛筆やパステルの絵は、本などになると、全体的にノッペリしてしまうのだが、原画では紙表面の質感がよくわかる。独特の風合いがあって、実によい。この質感が印刷でも出せればイイのだが、現在の印刷技術では限界があるのだろう。

アイデアスケッチも展示されていて、興味深かった。大家も下描きには苦労するのだなァ。当然といやァ当然なのかもしれないが、適当なトコロで妥協したりせず、トコトン納得できるまで取り組むのが、黒井さんのような大家と、ボクのような三流戯れ絵描きの違いなのだろう。
もっとも、そうした取り組み方ができるも、理解ある編集者がいてこそなのだろう。解説文を読むと、最初の依頼があってから完成するまで数年かかった作品もあるというから、タイトなスケジュールでの制作を余儀なくされることも少なくない身にとっては、ホントーにうらやましい。

……などと思いつつ、記念に画集を一冊買って会場を出た後、思うところあって、伊東屋に寄り、チャコール鉛筆を買い求めたのでありました。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

納豆騒動。

近所のスーパーへ買い物に行った母親が「納豆が一ッつもない!」と嘆いていたのは先週の火曜日のことだったが、昨日、外出したついでに別のスーパーを覗いてみたら、本当に見事なくらい、棚が空っぽだった。そして「テレビ番組の影響で品薄状態が続いている」とお詫びの張り紙が……。「いったい、どの番組だ?」と思っていたら、『発掘あるある大辞典2』だった。何でも「納豆でダイエット」という内容だったそうだが、その内容がインチキだったことが判明して、もォ、エラい大騒ぎである。

2007_0121新聞報道によると、番組を制作したのは“孫請け”の会社だったそうで、ポジションから言えば、広告会社からお仕事を頂いているワタシと大した違いはない。“ウソつき”に同情する気は全くないが、納期とか力関係とかが絡んでいるだろうことは、容易に想像できる。だから「他人事と思っちゃイカンな」と思わず身を引き締めた次第なのだが、それにしても、昨日まで不二家の不祥事で正義の御旗を振りかざしていたテレビ局が、今度は非難される立場に回ってしまうのだから、世の中、何がどうなるかわからない。

あと、流通の需給バランスを崩壊させてしまうほど、世の中には痩せたがっている人がワンサカいらっしゃるってことにも驚いた。ダイエットとか美容関連の産業が儲かっているのも「当然なのだなァ」とつぶやいてしまうのである。

いずれにしろ、これでまた、納豆で朝ご飯が食べられるようになるだろう。
ウレシイ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

隠遁中のお仕事から(その2)

隠遁中に手がけた仕事の中からもう一つ……。

2007_0118国土交通省江戸川河川事務所のホームページに、『E−na』というWeb広報紙がアップされていますが(毎月17日更新)、そのキッズページ『えどがわっこ教室』の表紙イラストを、昨年の5月号から担当しております。江戸川について教える先生と子供たち……という設定です。

記事はボクの担当ではないので、あまりエラそうな事は言えないですが、11月号に企画のコンセプトを変えて以降、格段に面白くなりました。一度お読みになってみて下さい。
最新号(2月号)は昨日アップされた模様。今号のテーマは野鳥の観察です。

【江戸川河川事務所】
http://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/
※『E−na』のバナーをクリックすると入れます。バックナンバーも見られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠遁中のお仕事(注:「謹慎中」じゃないヨ)(笑)。

このブログを放ったらかしにしてる間に手がけた仕事を一つご披露。

2007_0116

東京・港区の産業振興課が実施した「港区観光ルートコンテスト」(港区内のオススメ観光ルートを一般から公募)の入賞作を、イラストマップでまとめた小冊子(全20ページ)。タイトルの『港区ぐるっと見てまわルート』もワタシめのネーミングである。
制作スケジュールがタイトな上に分量が多く、非常にハードな案件だった。なので、最後の方では、広告会社の担当者とピリピリしたやり取りがあったりしたのだが、仕上がりは概ね好評なようである。

11月17〜19日に東京タワーで行われた『港区ものづくり・商業観光フェア』で配布されたとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世間ってなァ、意外と狭い。

ロシアや中国には遠く及ばないにしろ、それでも「日本列島は、そこそこ広い」と思っていたのだが、少なくとも「世間」ってなぁ、意外と狭いことが判明したので、ここにご報告申し上げたい。

昨日、仕事の打ち合わせで、S社のO社長と、東武練馬にあるデザイン事務所を訪問した。O社長は既知の訪問先だが、オレは初めて。第一、東武東上線に乗ったのは大学の時以来であり、ましてや「東武練馬」なんて駅は下りた事もなかったのだ。
「初対面」なので、当然「名刺交換」。まずは、事務所の社長・S女史と、続いて、担当デザイナーのY氏と名刺を交換した。

2007_0113ところが……Y氏の名刺を受け取り、名前を見た瞬間、オレの脳裏に「何か」が引っかかったのだ。
「アレ……?」

で、仕事の打ち合わせ中、ずっと頭の片隅で考えていた。
「もしかしたら、以前、会ったことがあるのではないか……?」
それで、打ち合わせ後の雑談の中で、どちらともなく「前にお会いしたことありませんでしたっけ?」と言い出した(実はY氏も同じ事を思っていたのだった)。

それで判明したのは、6年ほど前、オレが某スクールのWebデザイン講座に通った際、同じ教室で学んだ“同級生”だったということだ。「一緒に学んだ」といっても、机を並べたのは1カ月にも満たず、年賀状を一、二度やり取りした後は互いに「音信不通」になる程度の付き合いだったのだが、まさか、初めて訪れた場所で、こんな具合に再会するとは……。

傍らで聞いていたO社長とS女史も呆気にとられていたが、当事者同士が一番ビックリした。

世の中、ドコでドォつながっているか、ホント〜にワカンナイもんだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

そっと再起動

2007_0110

ずっと放ったらかしにしといたこのブログだが、そ〜っと再起動してみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

遅まきながら謹賀新年

2007nengablog



↑今年の年賀状のデザインでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2007年2月 »