« マトリックスな大病院。 | トップページ | 神経質でちょうどイイ? »

亀田“四”兄弟

 内藤×亀田戦に始まった一連の騒動は、亀田興毅の謝罪会見で一段落したようだが、ここまで見てきて思ったのは「亀田んチには“親”がいなかったのだなァ」……てェことだ。世間的には「亀田三兄弟」と呼ばれてはいるが、その実は、歳の離れた長兄(史郎氏)を頭に、弟3人が従う「四兄弟」の状態だった……と考えると、この一家のモンダイの本質が、何となくわかるような気がする。

2007_1029_2 まァ、ワタシゃ独りモンなので、親の気持ちは十分にはわからないが、それでも、普通の親なら思うだろうことは、常識的に想像できる。つまり「世間に後ろ指をさされるような子供には育てまい」という思いであり、子供には「親に恥かかせるんじゃないゾ」と言うだろう……ってコトだ。それが、親子一緒になって恥かいてんだから「オイオイ」(-_-;)ってカンジである。

 結局のところ、亀田んチは「四兄弟」が家ん中に閉じこもり、「オマエは世界チャンプになるんだ!」「わかったよアンちゃん! オレ、やるよ!」とか言い合い(もちろん、実際に口に出してではない。「精神的に」ということだ)、「よそ」に対して「オレんちはスゴいんだゾ!」と虚勢を張っていたにすぎなかったのではないか。その根底には、何らかのコンプレックスがあったんだろうと思う。
 ところが、家の外に出てみたら、も〜っと強いヤツが他にいた。大毅も興毅も史郎クンも、きっと試合中は「こんなハズじゃない!こんなのウソだ!こんなのみんなインチキだ〜!」とか何とか心の中で叫んでいただろう。
 その苛立ちからヤケを起こし、反則を連発。結果、あまりにも度が過ぎたので、よそのオジサン・オバサンたち(つまり、マスコミ、世間一般)から初めてこっぴどく怒られ、シュンとなってしまった……てトコじゃないだろうか。
 今までよその人から怒られたことがないもんだから、大毅はすっかりヘコんじまった。才能は優れたモノをもってるのだろうが、試合から半月を経過した今になっても、人前に出てまともにしゃべれなくなるほど精神的に参っているようでは、この先、格闘家としてやってけるのだろうかと、かえって心配にもなってしまう。

 ヤンチャなボクサーということで、亀田兄弟は辰吉丈一郎とよく比べられる。でも辰吉は、あの対薬師寺戦で負けた直後(直後だ!)のインタビューで、素直に「薬師寺くんは強かったよ。今まで彼に対してイロイロ言ったことを謝りたい」と言っていた。オレはこれを見て「コイツ、これまで随分大口叩いてたけど、意外に人間的にできたヤツじゃん」と見直したもんだ。考えるに、辰吉の場合、自分自身が「親」だったという点も、見逃せない大きな要素だと思う。

 さてさて、史郎クンはボクシング界から一応は身を引くことになったようだが、この先、彼は「親」になれるだろうか。そして、三兄弟は、キチンと「親離れ」ができるだろうか……。

|

« マトリックスな大病院。 | トップページ | 神経質でちょうどイイ? »

コメント

確か、お別れになったはずですね。

投稿: sarami | 2007.10.30 13:01

ふーん、そうなんだぁ。で、母親もいないの?!そういえば、いつも出てくるのって史郎氏だったよね。

投稿: くり | 2007.10.29 23:51

相変わらず似顔絵が上手だね〜〜。

投稿: pomme | 2007.10.29 06:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41485/16898263

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田“四”兄弟:

« マトリックスな大病院。 | トップページ | 神経質でちょうどイイ? »