« 亀田“四”兄弟 | トップページ | 謹賀新年 »

神経質でちょうどイイ?

2007_1118b 午後、2階にいたら玄関のチャイムが鳴った。
 家にはオレしかいなかったので、下りて出てみると、バイクのメットを被り、紺のジャンパーを着た、警備員風の出で立ちの若い男が立っている。曰く……

「N交番の者ですが」

 よく見ると、確かに腰にはトランシーバーを下げている。“警備員風”ではなく、ホンモノの警察官らしい。
「この地域の巡回連絡のための資料を作っているので、お手数ですが、こちらの用紙に記入していただけますか」
 と言う。大した内容ではないので、すぐその場で記入して渡したのだが、男が帰った後で「待てよ?」と考えた。「制服なんて簡単に偽装できるよな。確かに『POLICE』と書かれたバイクに乗ってはいたが、アレだって偽装可能だ……本当に警官だったのか? そもそも警官だったら、最初に警察手帳くらい見せるんじゃないだろうか。こちらから提示を求めなかったのは失敗だったかもしれん……」
 などと考え出したら、だんだん不安になってきてしまい、思わず地元警察署に問い合わせの電話を入れてしまった。その結果……

 「巡回連絡ですね? 確かに行っています。ご心配おかけして申し訳ありません。ご協力をお願いします」

 との回答。それでようやく、ホッと胸を撫で下ろしたのだった。

 ……と、ここまで読んで「ちょっと神経質過ぎるんじゃないの〜?」と思われました? しかしネ。今の世の中、油断も隙もあったモンじゃないのですよ。神経質過ぎるくらいでちょうどイイのだ!

 実際、ワタシゃ以前、次のような経験をしている。

 その日も家にはオレ一人だった。やはり2階で仕事をしていたら、玄関のチャイムが鳴る。作業を中断されたので、イラつきながら階段を下り、玄関を開けたら、作業服姿の若い男が立っていた。そして、唐突にこう言ったのである。

男 「ブレーカーのある場所はわかりますか?」
オレ「え……? そりゃわかるけどサ……何なの一体?」
男 「今、この辺りを回って内腺の検査をしておりまして……」
オレ「内腺?」
男 「家の中の電気の配線です」
オレ「……ちょっと待って。あなた東京電力の人?」
男 「いえ、そうじゃないんですが……あの強制ではないんですけど……ブレーカーがおかしくなっていないかを……あの、ブレーカーがおかしいとか、そういうことはありませんね?」
オレ「ないね」
男 「そうですか、わかりました。失礼しました」

——そう言い残し、男は足早に去って行った(窓から見たら、車に乗って走って行くのが見えた)。

2007_1118a 不審に思い、東電へ電話して「今、ウチの方を、ブレーカーの検査に回っているのか」と聞いてみた。すると「していない」との答え。検査に行くことはあり得るが、それも数年に一度であり、その場合も、必ず事前に文書で訪問日時を告知し、いきなり訪問することは「絶対にない」とのこと。また、委託業者(3社)の名を挙げ「これ以外の業者がお伺いすることはありません」とのことだった(うろ覚えだが、男の作業服に入っていた社名は、電話のオペレーターが挙げた会社ではなかった)。

 要するに「検査」と称して他人サマの家に上がりこみ、モノを売りつけるとか何かをしようと企んでいた輩だったのであろう(後で東電のHPを見たら、検査員を装った詐欺・窃盗への注意を喚起する記述が載っていた。下記を参照のこと)。

 ちょうどオレが家にいたからよかったようなものの、ホント、油断も隙もあったモノではないのだ。

 こんなコトがあって以降、見知らぬ人の訪問には、以前にも増して慎重になるようになってしまった。今日は警官だったから警戒心をやや緩めてしまったが、考えてみれば、昨今はおまわりさんでさえ、100%は信じられない世の中なのだ。やはり、神経質過ぎるくらいで、ちょうどイイのだと思う。

 何ともカナシイ世の中だとは思うが……。

《参考/東京電力のホームページより》
http://www.tepco.co.jp/cc/pressroom/attention/index-j.html

|

« 亀田“四”兄弟 | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

実家にもおまわりさん来たようだ。
本物か確認した?
と尋ねたら母はそれなりに確認したようだ。
海外では制服着た偽警官って昔からいるようだしね。
旅行者をだまして金品を取るようだ。
疑うのは正解だと思う。

投稿: mata | 2007.11.24 10:30

こわい・・・
盗聴器を仕掛ける人もいるみたいですね・・・

投稿: pomme | 2007.11.18 20:46

なんとも悲しい世の中ですねぇ。私は「奥さん」ではなく「外さん」なので、あんまり家にいないけれど、そして義母も「年寄りだから、わかりません!」とキッパリ断る人だから、心配ないと思うけど。
でも子どもたちにも知らない人と話をしてはいけませんと教えていたら、「人に親切に」とか「思いやりの心を」とか言っても、むなしいよねぇ。どうなる、ニッポン。。。

投稿: くり | 2007.11.18 08:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41485/15204474

この記事へのトラックバック一覧です: 神経質でちょうどイイ?:

« 亀田“四”兄弟 | トップページ | 謹賀新年 »